目が赤い(充血)JR大宮駅西口 徒歩1分 本田眼科

目の症状Symptom

目が赤い(充血)

白目やまぶたの裏側が充血したり、目やにやかゆみ、まぶたのはれなどの症状が出たら、【結膜炎】の可能性があります。結膜炎には、細菌やウイルス性、アレルギー性などいろいろな原因があります。ウイルス性結膜炎ではかなり赤くなり涙や目やにもでます。アレルギー性結膜炎のなかでも【花粉症】は強いかゆみをともないます。
白目がべったり赤くなったときは『結膜下出血』です。結膜下の血管が破れ出血したもので、視力の低下や痛みはありません。1〜2週間ほどで自然に充血は回復することが多いのですが、ひどいときは2〜3ケ月ぐらいかかります。自然に回復しますので、あまり心配はいりません。念のため眼科を受診すると良いでしょう。ただし、ひんぱんに結膜下出血がおこるときは糖尿病、高血圧、動脈硬化など、疾患の疑いがありますので内科の検査をおすすめします。ボールが目に当たったなどの外傷で原因がはっきりしている場合は早めに眼科で検査を受けましょう。
まぶたの裏側には充血がなく、黒目のまわりが充血しているときは【角膜炎】や【強膜炎】などが考えられます。黒目と白目の境目が充血している状態を毛様充血といい、【ぶどう膜炎】や急性の【緑内障】が疑われます。

▼考えられる目の病気

結膜炎(けつまくえん)

花粉症(かふんしょう)

角膜炎(かくまくえん)

強膜炎(きょうまくえん)

ぶどう膜炎(ぶどうまくえん)

緑内障(りょくないしょう)

caloo さいたま赤十字病院