白内障の治療JR大宮駅西口 徒歩1分 本田眼科

目の治療Care

白内障の治療

普段の生活に支障がなければ、点眼薬や内服薬で白内障の進行を遅らせます。ただし、点眼薬や内服薬は水晶体のにごるスピードを遅くするもので、進行してしまった白内障を回復させる薬は今のところありません。
白内障が進行して、普段の生活に不自由を感じるようになったときは、手術が必要になります。

白内障手術について

日帰りで手術が受けられる
昔にくらべると、医療機器や技術などが驚くほど進歩していますので、日帰り手術を行っている眼科もあります。しかし、「日帰り白内障手術」を行う医師は手術後の容態に対して夜間でも敏速な対応ができ、適切なアドバイスが可能な眼科専門医でなくてはなりません。
痛くないの?

「目に麻酔を注射をする」と思われている方もいますが、点眼の麻酔になりますので、注射はしません。
手術中は、麻酔をしていますので痛みはほとんどありません。手術後に麻酔がきれると軽い痛みや異物感を感じることがあります。痛みには個人差がありますが、心配するような痛みはほとんどありません。

どれくらい時間がかかるの?

手術時間は通常20〜30分と短時間です。負担が少なく、安心して手術を受けられます。

白内障日帰り手術(超音波乳化吸引術)
角膜を約2~3ミリ1カ所と、約1ミリ1カ所を切開します。その小さな開口部から繊細な器具を使用し、眼球内のにごってしまった水晶体の前の膜を開けて、超音波で、水晶体の中身を細かくくだいて吸い取ります。次に、中身の無くなった水晶体の袋に柔らかい素材でできた、眼内レンズを挿入します。眼内を洗浄後、開口部を閉鎖し終了となります。

眼内レンズについて

眼内レンズは、取り出した水晶体の代わりになる人工の水晶体です。ピントが一つの単焦点と、ピントが複数ある多焦点の2種類あります。

単焦点レンズと多焦点レンズの見え方の違い

※1・2 写真の見え方はイメージです。Alcon「白内障手術と手術後の見え方」より。効果は、症状や術後の状態によりますので、全ての方に保証されるわけではありません。

多焦点レンズの多様化
従来の多焦点レンズは、5mと30cmの距離に焦点を合わせてあり、数メートル以上と30~40cmがよく見える範囲でした。中間の50cm~2m付近は見えにくくなっています。
新製品の多焦点レンズは5mと40cmに焦点を合わせたことで、近くでは見え方の変化がなだらかになり、数m以上のほか、30cm~1mの範囲がよく見えるようになりました。
読書だけでなく、パソコンや家事、食事、対面での会話といった、日常生活でよく使う距離でも、老眼鏡なしで見えるようになりました。
その利便性から、この多焦点レンズは欧米で50%以上のシェアを占めるほど急速に普及しています。
このように多焦点レンズは今後も開発が進められ、1人ひとりの生活に合ったレンズを選択できるようになるでしょう。

厚生労働省先進医療認定施設

〜多焦点眼内レンズによる白内障手術〜
正式な名称は、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」といい、先進医療として扱われています。
先進医療は、新しい医療技術の出現や医療に対するニーズの多様化に対応して、先進的な医療技術と一般の保険診療の調整を図るため厚生労働省が定めた制度です。
先進医療を行う病院や医院は、高度な技術を持つ医療スタッフと、質・量ともに十分な施設・設備が必要です。先進医療を取り扱うのは、厚生労働省に申請し専門家や関係審議会で、このような条件を満たしていると認められた病院に限られます。
先進医療機関で多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を受けるメリット
  • 1. 生命保険や医療保険に入っている場合、「先進医療特約」が使える
  • 2. 確定申告時に医療費控除が受けられる
  • 3. 消費税がかからない(自費診療では消費税が課税される)
〜多焦点眼内レンズによる白内障手術〜厚生労働省先進医療認定施設一覧
caloo